朋和産業株式会社について

朋和産業株式会社について

朋和産業株式会社について

 

朋和産業株式会社はプラスチックフィルムなどの包装用資材、販促ツールや各種包装用機械の製造・販売を行っている企業です。
レンゴー・グループの一つであり、国内に拠点をたくさん構えています。
特に国内の包装用資材では、朋和産業株式会社が一定のシェアを占めているのが強みです。
国内のネットワークは特に充実している一方で、現在はグローバル化を見据え、海外の生産ネットワーク拡充にも力を入れています。

朋和産業は1962年に設立された歴史ある会社で、67年には本社工場が完成、1986年には東洋化工包株式会社を買収するなど、積極的に規模の拡大を進めてきました。
1998年にはレンゴーの100%子会社となり、以後も合併や海外法人の設立、物流倉庫の増築など規模を拡大して現在に至ります。

包装用資材と聞くと、あまり身近なものではない、普段はほとんど意識しないと感じている方が多いのではないでしょうか。
確かに私たちには縁の遠いものに感じられるかもしれませんが、朋和産業株式会社の製品は意外な身近なところに存在します。

その代表とも呼べるのが、デイリー商品と言われるパッケージではないでしょうか。
朋和産業株式会社のデイリー商品は、食パンや菓子パン、おにぎりなどの包装でよく見かけるものです。
私たちが普段スーパーやコンビニで見かけている商品の中には、同社の包装資材が使われていることもあります。
開けやすさや使いやすさを重視し、かつ品質を保つための工夫が施されており、意外に身近な存在であることが分かります。

他にも冷凍食品で使われているパッケージや加工食品の包装、スナック菓子などに使われるフィルムパッケージにも使用されています。
朋和産業株式会社は、このようなパッケージで圧倒的なシェアを占めており、店頭で見かけない日は無いと言っても過言ではありません。
食品だけではなく、パウチ製品や一部医療用(メディカル)の包装も同社の製品です。
このように、様々な包装資材を手掛けています。

また、生産は一貫して行われている点も特徴です。
包装の製造だけではなく、パッケージ(包装)のデザインはもちろん、マーケティングや製品用データの作成、印刷・ラミネート加工に至るまで、全て自社一貫生産体制を整えています。
一般的案包装メーカーであれば、いずれかの行程は外部へ委託するケースも珍しくありません。
一貫生産にこだわっている点が、朋和産業株式会社の特徴とも言えるでしょう。

朋和産業の口コミについて、まとめてみました

パッケージデザインのお陰で繁忙期でもスムーズに

朋和産業さんにホワイトデー用の半生菓子のパッケージを依頼した時に、見た目だけでなく密封性の高いものをデザインしてもらうことができました。
ホワイトデーは、まとめ買いされるお客様が多いため、ラッピングしなくても済むような華やかなものを希望していました。

今までは、1つ1つラッピングしてお渡ししていたので、お待たせしてしまうことが多かったのですが、サッとショッピングバッグに入れるだけになり、
お客様にイライラされることがなくなりました。繁忙期に入ってもらうラッピング技術のないアルバイトでも、スムーズに販売できるようになり満足しています。
とても好評だったので、バレンタインやハロウィンなどのパッケージも依頼しようと検討しています。

パッケージのデザインを変えたら注文が増えました

他社と差別化するために、コーヒー豆のパッケージを新しくしたい旨を朋和産業さんにお願いしました。

ありがちな色合いを止めて、お洒落で若い人に共感してもらえるようなものにしたいという話を担当の方にお話しさせて頂きました。
すると、こんな方法があったのかというような、素敵なパッケージをデザインしてもらうことができました。
しかも、コーヒー豆が酸化しないような機能性も持ったパッケージにしてもらえて満足しています。

店に置いた時に、以前よりも手に取ってもらいやすくなったように感じています。
それに、ギフト用としても箱詰めした時に見栄えするようになりました。
オンラインでの注文も増えたので、パッケージのデザインを依頼して本当に良かったです。