朋和産業株式会社について

朋和産業株式会社の商品パッケージについて

time 2017/01/17

朋和産業といえば、軟包装製品を製造していることで知られる大きな企業ですが、我々の生活を支えている各商品を梱包するための袋も多数製造しています。

まずは「デイリー用製品」になりますが、スーパーやコンビニで見かけるような、日常的に食べる商品を包装していることが多いです。
パン類やおにぎりなどが一般的なデイリー用製品となるでしょう。
こういった食べ物を安心安全に消費者に届けるためには、朋和産業が製造しているような軟包装が必要不可欠です。

そして「チルド、冷凍用製品」も朋和産業は製造しています。
名前の通り冷凍食品売り場で売られている、冷蔵食品や冷凍チャーハンをはじめとした冷凍食品が入っている袋になります。
上記したデイリー用の軟包装袋よりも厚みがあるのではないでしょうか。
ただ単に袋を作っているというわけではなくて、袋の中に入っている食べ物をより良い状態に保つことを第一に考えて作られているのも特徴です。

他には「機能付製品」もあります。
これは様々な種類に分かれており、例えばレトルトカレーなどが入っているパウチ袋もこれに当たります。
さらにゼリーや豆腐のフタ、小麦粉や片栗粉が入っている特殊な袋、スーパーやコンビニで販売されているショートケーキが入っている容器などに巻き付けられているフィルムも機能付製品です。
耐熱フィルムや粘着剤コーティングフィルム、変形袋、メディカル、フタ材などですね。

「ラミネート製品」についても朋和産業では作られており、主にお菓子が入れられています。
酸素が袋の中に入ってしまうのを防ぐ機能を有しているようで、この効果のおかげでおいしいお菓子を食べることが可能です。
フィルムを活用することによって製造しているのが特徴ですね。

朋和産業が誇る商品パッケージは上記したものですが、スーパーやコンビニで販売されている食べ物の軟包装と同様のものを多数作っているのです。
今の時代コンビニに行けばすぐに食べ物を手に入れることができますが、これは軟包装によって食品の品質をしっかりと保つことができているからでもあります。
当たり前のように思われていますが素晴らしい技術なのです。
一見すると普通の袋にしか見えない…と思うかもしれませんが、中に入れる食べ物の特性に応じて素材や作り方などを変化させているのですね。

また医療器具の分野にも積極的に参入しており、数々の成果を挙げています。
朋和産業は期待大の軟包装企業です。

down

コメントする