朋和産業株式会社について

軟包装製品について

time 2017/01/17

軟包装といっても幅広くて、例えばスナック菓子の袋やおにぎりなどの食品が入っている袋などが挙げられます。
包装する内容物次第で梱包後に形が変わるものを軟包装といいます。

大きく分けると軟包装は、「合掌袋」「三方袋」「変形特殊袋」「ガゼット袋」「トムソン」「ロールラベル」「スタンディングパウチ」に分類することができます。

「合掌袋」は、ポテトチップスなどが入っている袋がこれですね。
もちろんスナック菓子以外にもあらゆる商品を入れるために使用されています。

「三方袋」はコンビニやスーパーで購入する氷が入っている袋がこれです。
また液体が入れられることが多いのも特徴でしょう。

「変形特殊袋」は名前の通り特殊な形をしており、おにぎりやサンドイッチなど、それぞれの商品に合わせて形が大きく変わります。
おにぎりやサンドイッチの販売の際にはなくてはならない存在だといえます。

「ガゼット袋」は合掌袋と似ていますが、マチが組み込まれているのが特徴です。
比較的厚い商品を梱包する際に活用されることが多いです。

「トムソン」は他の軟包装以上に独自性があり、内容物に応じてそれに適した形状、デザインの袋を用意することになります。
具体的には詰め替え用シャンプーや小麦粉などが入れられることが多いです。

「ロールラベル」は、ペットボトルに巻き付けられているラベルです。
「〇〇茶」などと印字してあるもので、安価で製作できるので活用しやすいと評判になっています。

「スタンディングパウチ」はこれも名前の通り、立たせるとができるパウチで、レトルト商品等にも使われています。

このように軟包装製品を見ていくと気づくと思いますが、軟包装というのは、我々の日常生活に根付いているといえます。
スーパーやコンビニ、ドラッグストアに行くと軟包装が使われているものをたくさん見ますし、それだけではなくて自宅にもたくさんあるのではないでしょうか。

軟包装は利便性が高いパッケージですし、それだけではなくて比較的低コストで製造することができるのは大きなメリットです。
また処分する際にも面倒を感じることはありません。

朋和産業といえば軟包装業界でかなりの存在感を放っていますし、「朋和クオリティ」は誰もが認めるところでしょう。
生産体制にもとにかくこだわっており、品質管理や製品管理もかなりしっかりと行われているのが特徴でしょう。
朋和クオリティの軟包装製品は、我々の生活に密着しています。

down

コメントする