朋和産業株式会社について

多くの企業は製品を製造朋和産業、品質への取り組みについて

time 2017/03/24

朋和産業だけではなくて、多くの企業は製品を製造する際に品質にとことんこだわっていることと思います。
昔と違って今の時代は企業の数もけた違いに多いので、当然自社の脅威となり得るライバル的存在も多いのです。
ですから品質の高い製品を作り出さなければすぐに淘汰されてしまう世の中になったわけですね。

軟包装に関する製品を多数手がけて、日本中に自社製品を送り出している朋和産業ですが、もちろんこの企業も品質に対して並々ならぬこだわりを見せています。
朋和産業では品質の向上を実現させるために様々な工夫をしています。
生産性をアップさせるための取り組みに始まり、クライアントからのクレームを少なくする、またミスを少なくするといった取り組みも行っています。
こういった取り組みの甲斐もあり、品質の優れた製品を多数生み出すことに成功しています。

質を高めるということは自社内だけで完結することではありません。
闇雲に頑張るだけでは成果はなかなかでません。
特に軟包装アイテムの製造においては、クライアント企業やエンドユーザーの意見なども取り入れることが重要ですし、どういったニーズがあるのかをとらえ、それを製品づくりに生かすことも品質を高めるためにはとても大切だといわれています。

トレーサビリティシステムを構築しているのも朋和産業の魅力ですし、品質に対する思いを全従業員が共有している点は非常に立派だと言えます。

品質に対する思いを持っているということもあり、ISO認証取得工場も有しています。
当然食品を包装することもありますので、衛生管理は非常に重要な意味を持つことになります。
しかし朋和産業の場合はISOを認証している工場を持っているので安心ということでしょう。

クライアントから仕事の発注を受け、そしてそれを製造して納品するまでの間には、様々な工程を経ることになります。
数多くの検査を行うことでより安心性を担保することができるわけですが、その検査をするための機器が多数備わっています。
ガスクロマトグラフィーをはじめ、熱流速示差走査熱量計(DSC)、引張試験機、フーリエ変換赤外分光光度計など多種多様です。

このような品質への取り組みを行っているからこそ、数ある取引先から信用されているのでしょうし、軟包装が包装のために使用されている食べ物を我々が安心して食すことができるのでしょう。

品質への取り組みは決して簡単ではありませんが、朋和産業はしっかりと実現させています。

down

コメントする