朋和産業株式会社について

朋和産業の社内取り組み

time 2018/03/19

朋和産業ではクライアントや商品の利用者が喜ぶ取り組みのみならず、自社で働く従業員のために数多くの取り組みを行っております。例えばコンプライアンス研修の実施です。現代社会において重要度が高い社内取り組みのひとつだといえます。多くの従業員が目標に向かって真剣に働いていたとしても、一部の人間がコンプライアンスに反する行為を行うだけで大きなマイナスになりますし、従業員やクライアント、商品の利用者にも迷惑をかける結果になります。

このような状況把握を行うためにも率先してコンプライアンスについて勉強して、その知識を活かして、世の為人のために適切な行動ができるようになるべきです。この手助けをしてくれるのが、コンプライアンス研修になります。本社はじめとして各工場で社外講師を招き行われ、多くの従業員が参加したそうです。

他にもいろいろな取り組み内容が用意されている点が朋和産業の特徴であり、中でも安全衛生に関する取り組み内容はかなり優れています。手洗いの徹底や使用するロッカーについてのルール設定は当然のことながら、トイレの使用に関すること細かなルール設定も用意されています。

例えばトイレの個室を利用する際には、上着を脱いでハンガーにかける、専用スプレーで便座を消毒してから座る、のようなルールが全部で5つ設定されており、これらをきちんと守ることにより安全衛生力を極限まで高めることができるでしょう。

感染症を予防するために【かからない、持ち込ませない、広げない】というキーワードを掲げているのも、この会社ならではの特徴であり魅力でしょう。問題を未然に防ぐ重要性に気づいているからこそできる試みであり、単純にルール設定をするだけではなくて、従業員に対して衛生講習会を開催することで周知徹底を行っている点もとても素晴らしい部分です。本社と国内の工場で感染症予防の講義や手洗いの実習が行われたそうです。

朋和産業は様々な包装アイテムを製造して販売していますが、その中には食品に関するアイテムも多数あります。
だからこそこのように高いレベルの取り組みがなされているそうです。こういった朋和産業の取り組みを行うことは自社で働く方の知識向上や製品のクオリティ維持にもつながっているのではないでしょうか。

down

コメントする